40代で英語に開眼した崖っぷちサラリーマンの英語上達法
*
speaking

独学でスピーキングを上達するには


TOEICテストには、スピーキングはありません。

 

スピーキング能力はリスニング能力に比例する、というのがその理由とされていますが、スピーキング能力を測定するには、試験官が必要となり、運営が大変なところが本当の理由だと思います。

 

それはさておき、TOEICテストにスピーキングの試験が無いとは言え、せっかく英語を学習するのであれば、ネイティブなみの美しい英語で話したいものです。

 

しかし、独学でスピーキングを学習するのはなかなか難しいです。

 

英単語、英文法、英作文、リスニングは、ちゃんと記憶したか、英文は正しく読めたか、自分の書いた英語は正しいか、ちゃんと聞き取れたか、というように、理解の度合いが測定できます。

 

しかし、スピーキングについては、独力だけでは、なかなか測定するのが困難です。

特に発音においてはそれが顕著です。

 

もちろん、英文を音読して、ICレコーダーなどに録音し、ネイティブの発音と自分の発音を比較して、よいか悪いかをある程度判断することはできます。

しかし、判断するのはあくまでも自分ですので、本当に正しいかどうかはわかりません。

 

正しく発音できているかどうかは、ネイティブに判断してもらうことが、どうしても必要となってきます。

 

自分のまわりに、そのようなネイティブがいる人は、ぜひお願いして、発音をチェックしてもらうのがいいでしょう。

しかし、まわりにネイティブがいない人はどうするのか?

 

ここ数年前から、この分野でとてもいいサービスが増えてきました。

 

それは、オンライン英会話を活用することです。

 

オンライン英会話では、スカイプを利用して、ネイティブから直接指導を受けることができます。

もちろんリスニング能力向上にも役立ちますが、それ以上に活用していただきたいのは、自分の発音のチェックです。

 

明らかに自分が話す英単語や英文法が間違っていれば、もちろんネイティブはその指摘をしてくれます。

ただ、発音が多少悪くても、正しい英語で話していれば、なかなか発音についても指摘をしてくれません。

 

そこで、ネイティブの先生にお願いして、「発音重視でチェックしてほしい」と伝えれば、もちろんそのように指導してくれます。

 

私が会社員時代に、必要に迫られて英語の学習をしたときは、残念ながらこのようなサービスは普及していませんでした。

ただ、今、英語の発音をよりブラッシュアップさせるとしたら、迷うこと無くオンライン英会話を活用します。

 

今後、このサイトにおいても、質の良いオンライン英会話を紹介していけたら、と考えております。

 

 

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓