40代で英語に開眼した崖っぷちサラリーマンの英語上達法
*
40代で英語に開眼した崖っぷちサラリーマンの英語上達法 > はじめに > 英語の上達には絶対に必要な、多くの人が見落としている2つのこと 【2】継続
sportsman running on the beach in TelAviv

英語の上達には絶対に必要な、多くの人が見落としている2つのこと 【2】継続


継続

2つ目のポイントは、毎日英語の学習を継続することです。

 

例えば、今日は英単語の学習、明日は文法の学習、といったように、毎日、異なる分野の勉強でもかまいませんので、どんなことでもいいから英語に触れることです。

それを毎日続けます。それを習慣づけるのです。

 

例えば、朝起きると歯を磨くことを習慣にしてしまいますと、歯を磨かなければ気持ちが悪くなりますね。

それと同じように、英語の勉強をしなければ気持ちが悪い、と感じるようになるまで習慣付けるのです。

習慣付いたことは、わざわざ努力しなくても、歯磨きのように自然と行うようになるものです。

英語の勉強も、ぜひ毎日習慣づけましょう。

 

ここで少し習慣について、英語学習以外の私の体験からお話しします。

習慣についての本を読んだり、セミナーに参加したことがあるのですが、あることを習慣として身につけるためには、21日必要だという説や30日必要だ、という説があるようです。

 

私は当時ブログを書いていたのですが、だまされたと思って、この説に従い、1ヶ月間、毎日記事を書いていきました。

最初のころは、記事を書くことが苦痛だったのですが、2週間目あたりから、習慣化として身についたきたようで、それこそ歯磨きと同じように、夜寝る前の決まり切った行動として、自然にできるようになっていきました。

その結果、1ヶ月間、毎日記事を書き続けることに成功しました。

 

私の英語学習は、習慣と言うよりも、必要に迫られて毎日やらざるを得なかったのですが、理由はともかく、半年以上、毎日勉強しました。

 

人間は弱いもので、何かと理由を付けて、サボろうとします。

時間がないから、というのがその最たるものだと思います。

 

でも、仕事などで忙しい時も、英語の勉強をしない理由にはなりません。

会社への通勤時間や寝る前の30分など、時間を工面しようと思えば、なんとかなるものです。

どうしても無理だ、という場合は、せめて寝る前に、英語の歌を聞いてください。

忙しいを理由にして、英語の学習をさぼるのは絶対にいけません。

英語の勉強をしなければ、気持ち悪くて眠れない、くらいになってください。

 

そして、このように毎日英語の学習を続けていきますと、おもしろい現象が生じてきます。

それは、自分が突然、英語がうまくなったように感じるときが出てくるのです。

 

実は、英語に限らず、毎日継続して学習することにより、習熟度が右肩上がりに向上していくものではないのです。

しばらくは停滞しているかも知れませんが、突然ポーンと、跳ね上がるように向上していきます。

 

例えば、子どもの頃、初めて自転車に乗れるようになったことを思い出してみましょう。

はじめからすんなりと自転車に乗れた人はまずいないでしょう。

何度も転げながら勉強されたことと思います。

そして、何度も練習をしたある日突然、自転車に乗れるようになったのではないでしょうか。

 

また、このことは、尺取り虫の歩み方に似ているかも知れません。

尺取り虫は、緩やかに歩むのではなく、身体を前後に大きく曲げながら、一足飛びに歩んでいきます。

 

何度も繰り返して英語の学習をしても、目に見えるような効果が現れてこないとき、そのときは、力を溜めているところなのです。

 

それでも、英語の学習を続けていくと、溜まった力は、ある時、突然、大きく外に放たれます。

ちょうど尺取り虫が身体を曲げ終わった後、大きく前に進むように。

 

そのとき、あなたの英語能力は、緩やかな右肩上がりの習熟曲線を描くのではなく、大きくジャンプした階段状の軌跡を描くのです。

 

そこで、1つの壁を乗り越えたことが自覚できます。

 

例えば、英語の文章がスラスラ読めるようになったり、英語の会話がはっきり聞き取れるようになったり。

 

このような状態になると、とても嬉しいものです。

ぜひこのすばらしい体験があなたに現れることをお祈りします。

 

乗り越えた後で、振り返って見る壁は、小さく見えます。乗り越える前は、そびえ立つ絶壁のように見えたのに。

努力は裏切らないと言います。

 

ぜひ毎日の英語学習を継続してください。

 

 

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓