40代で英語に開眼した崖っぷちサラリーマンの英語上達法
*
40代で英語に開眼した崖っぷちサラリーマンの英語上達法 > 英作文 > 翻訳ソフトのほとんど知られていない意外な使い方
1159614_75847635_R

翻訳ソフトのほとんど知られていない意外な使い方


翻訳ソフトや、翻訳サイトを使われている方もおられると思います。

ところがほとんどの人は、勉強には役に立たない利用の仕方をされています。

 

翻訳ソフトを使って、英作文の学習に大変役に立つ方法をご紹介します。

 

普通の発想では、英作文をするとき、日本語を翻訳ソフトに入れますね。

 

「ここだけの話だけど、彼がそのお金を盗んだのだと思う」をある翻訳ソフトに通しますと、

 

I think that he stole the money in the story only of here.

 

と英訳されました。

おかしな英文ですよね。

 

なぜ、このようなことがおこるかというと、翻訳ソフトは日本語から英語への翻訳が技術的に難しいからです。

特に、日本語は世界でも最も難しい言語といわれています。

日本語の文章は、多少文法が間違っていても意味は通じるものです。特に日常会話などでは、主語は平気で省略されます。

 

例えば、次のようなよく知られた話がありあます。

 

お昼の定食屋にて。

「今日の昼飯何にする?」

「私は天ぷらで」

「俺はウナギだ」

 

これは、通称「ウナギ文」と呼ばれているものですが、「俺はウナギだ」をそのまま英訳すると、

 

I am an eel.

 

となってしまいます。

英訳ソフトを使ってもそうなってしまうでしょう。

 

ところが英語ではそのようなことはありません。

話し言葉にせよ書き言葉にせよ、文法的に正しくない英語が使われることはほとんどありません。

 

翻訳ソフトは、あるロジックに基づいて翻訳がなされますので、そもそもロジックである文法があいまいな日本語を翻訳することは、とても難しいのです。(*1)

 

一方、英語はロジックの言語と言われるように、ロジックである文法が大変しっかりしています。そのため、翻訳ソフトを使って、英語から日本語に翻訳することは、日本語から英語に翻訳することに比べると、相当やさしいのです。

そのため、和訳は比較的しっかりした日本語になることが多いのです。

 

こういった翻訳ソフトの特徴を活用すると、英作文の学習に、とても効果的な方法があります。

つまり、まずは間違っていることを恐れず、英作文から先に始めるのです。

 

例えば、先ほどの例ですと、

「ここだけの話だけど、彼がそのお金を盗んだのだと思う」をなんとか英語にしてみるのです。

まず、先ほどの翻訳例をそのまま通してみますと、

 

I think that he stole the money in the story only of here.

 

私は、彼が単にここの話でお金を盗んだと思います。

 

どうも、in the story only of here がおかしいなあ、ここだけの話って、どう訳せばいいんだろう、そういえば、between ourselvesというのがあったなあ、あれを使ってみるか。

また、前半の、I think that he stole the moneyは、より疑うという気持ちを表すと、thinkよりもsuspectの方が良さそうなので、ちょっと直してくっつけてみると

 

Between ourselves, I suspect that he stole the money.

 

となりました。これを和訳してみると、

自分達の間では、私は、彼がお金を盗んだと疑います。

 

さきほどよりも、ずいぶんと元の日本語に近づいてきましたね。

 

このように、まずいきなり英作文から初め、それを翻訳ソフトを使って和訳する。

そして、その日本語をチェックし、おかしな表現だったら、英作文を修正し、再度和訳する。

これを繰り返し、日本語が洗練するようになるまで続けます。

 

こうすれば、翻訳ソフトが、あなたの英作文をチェックする、良き教師代わりとなるわけです。

 

 

(*1)日本語はロジックに弱い、といった趣旨のことを書きましたが、だから日本語はダメなのだ、という意図ではありません。

以心伝心、腹芸、といった言葉があるように、日本人はロジックで正確に文章を組み立てなくても、意思を通じ合えるという、世界でも希な特徴を持っています。

逆に言えば、ロジックを持たなくてもロジックを持つ人並み、あるいはそれ以上のコミュニケーションができる場合もありますので、日本語を卑下することは全くありません。

 

 

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓