40代で英語に開眼した崖っぷちサラリーマンの英語上達法
*
1236317_56854037_R

IT関係者のcron


cronという、OSの一種であるunixなどでよく使われる英単語があります。

 

このcronという単語、語源はギリシャ神話のChronosからきているようです。

 

ちなみに、Chronosとは、時を司る神だそうです。

そういえば、腕時計関連で、クロノスというのをみかけたような。

 

で、今回は、cronをどう発音するかというお話です。

 

英語圏のエンジニアは、クロン、または、クローンと発音しています。

それなのに、日本のエンジニアの多くはクーロンと発音しています。

 

cronの先頭のcの文字は、子音だけで、母音とつながっていませんね。

ですから、「クー」と延ばして発音することはありえないのです。

 

クーロンと誤解されて発音されているのは、電荷を表す単位にクーロンというものがありますので、それと混同しているのかもしれませんね。

 

それにしても、大手のコンピュータ関連の辞書にも、堂々と「クーロン」と呼び方が書かれているのにはこまったものです。

 

 

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓